読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

センスエピGの脱毛効果を徹底検証!

1万円台で全身脱毛できるコスパの良い家庭用脱毛器として今話題のセンスエピG。その脱毛効果は本当なのか、センスエピGの脱毛の仕組みと効果について徹底的に検証してみました!

脱毛はなぜ1回で終わらない?

よくある勘違いですが、センスエピGを使えば
1回でつるつるすべすべの素肌になれると
思っていませんか?

f:id:SensEpil:20150503232913j:plain


結論からいうと、1回で脱毛が完了することはありません。

ただし、これはセンスエピGの脱毛効果が
劣っているからではないのです。

どの家庭用脱毛器を使っても、さらにいえば
エスティックサロンで脱毛しても、
1回ですべてのムダ毛を取り除くことはできません。

これは毛には生えてくる周期、毛周期があるためです。

実は肌の表面に見えている毛は全体の1/3程度なので
1回脱毛しただけでは、残りの2/3は脱毛できていません。
このため、時間がたつとまた生えてきてしまうのです。

毛は成長期、退行期、休止期の周期を繰り返して
生えてきます。

成長期は毛が成長する期間、退行期は成長が止まった毛が抜ける期間、
休止期は毛が成長する準備期間です。

このうち、毛が成長する成長期には、毛根が大きくなり、
その周りには次の毛に成長するための毛母細胞や毛乳頭が存在します。

この毛根部分に光を照射することで、毛母細胞や毛乳頭も破壊し、
毛が作られないようにするのが、センスエピGのフラッシュ脱毛です。

つまり、フラッシュ脱毛は成長期の毛に最も効果があるのです。

それ以外の退行期、休止期の毛が成長して肌の表面に出てくる成長期に
また照射することで毛根やその周辺の毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えられます。

エステティックサロンの脱毛は、この毛が生えてくる毛周期に合わせて
脱毛プランをたてるため、施術と施術の間を2~3ヶ月あけるわけです。

なので、1回で終わらないどころか、数回に分けて、
つまり何ヶ月もかけて通うことになります。

でも家庭で使えるセンスエピGなら、生えてきた成長期の毛を見つけ次第
光を照射していくことができるので、エステティックサロンよりも早く
脱毛することができます。

ちなみに成長期の毛に照射したからといって、その毛は二度と生えてこない、
というわけではありません。

これは毛母細胞や毛乳頭を一度の照射で全部破壊することができないからで、
残った毛母細胞や毛乳頭からはまた新しい毛が生えてきます。

でも照射前よりは少なくなっているので、生えてくる毛は前よりも
細く弱くなっています。

そこでまた照射することで、さらに残った毛母細胞や毛乳頭を
減らしていき、これを繰り返すことでいずれは毛がなくなっていきます。

このように、センスエピGのような家庭用脱毛器でも
エステティックサロンでの脱毛でも、一度ですべてのムダ毛が
なくなるわけではないのです。

ちなみにセンスエピGでは何回くらいの使用で
脱毛効果を実感できるのでしょうか。

センスエピGの販売元のホーム・スキノベーションズ・ジャパンでは
「個人差がある」と前置きした上で
「2週間に1度を4~5回(約2か月)続けると
以前に比べてムダ毛のお手入れが楽になり、
その後1か月に1度ずつ定期的に処理を続けて、
トータル8回前後のお手入れ(約6カ月)を行うと、
効果が実感でき、今までとの肌の違いに満足されています」と回答しています。

f:id:SensEpil:20150504094208j:plain

 

これはセンスエピについてのFAQですが、
後継機であるセンスエピGは同じフラッシュ脱毛であり
センスエピよりも脱毛能力が低いとは考えにくいので
同等の効果が得られると考えてよいと思います。

6ヶ月で脱毛がほぼ完了するなら、
2ヶ月あるいは3ヶ月おきに施術を行う
エスティックサロンよりも
おそらくその効果を実感できるのは早いはずです。

センスエピGの脱毛コスパ

家庭用の小型脱毛器はいろいろありますが
中でもダントツのコスパの良さを誇るのが
センスエピGなんです。

たとえば不動の人気を誇るケノンですが、
メーカー希望小売価格は98000円。
カートリッジが7700円、照射回数は20万発です。
単純に計算してみると1発0.5285円。

公式サイトでは1発0.0185円とありますが
これはカートリッジを3700円で購入した場合、
しかもカートリッジ代金だけを20万発で
割っているのでこんなに低い価格なのです。

でも当然ながら本体がなければ脱毛できませんから
初期費用としては1発約0.5円と考えてよいでしょう。

 

f:id:SensEpil:20150504094214j:plain


美ルル クリアベールも人気の商品です。
こちらはオープン価格ですが、楽天では49800円で
販売されていました。
美ルル クリアベールの照射回数は1万回。
しかも1万回の照射数があれば、全身脱毛も可能としています。

この場合、1発あたり4.98円。
ちょっと高いかな、という感じがしますね。

これらに比べてセンスエピGは19800円で
5万発の照射が可能。

つまり1発あたり0.396円なんです。

美ルル クリアベールが1万発で全身脱毛可能というのですから
センスエピGはその5倍!

美ルル クリアベールの照射範囲は6.0平方センチと
センスエピGの2.7平方センチよりは広いですが
それでも約2.2倍。

センスエピGのほうが断然おトクということになります。

ケノンはキャンペーンなどでかなり価格が下がることもあるので
センスエピGよりもコスパがよい時もあるかもしれませんが
一人で20万発は使いきれないのでは?

本体価格が高いだけに、家族と共有するとか
数人で使いまわしたい場合にはケノンという選択肢もありだと思いますが
この夏、一人でこっそりつるつる素肌を目指すなら、
センスエピGがおススメです。

 

センスエピの問題点

センスエピGはセンスエピの後継機として
発売された脱毛器です。

センスエピはその効果には定評があったものの、
カートリッジの高さが問題と言われてきました。

 

f:id:SensEpil:20150504094155j:plain


カートリッジは1つ5400円で750発の照射が可能でした。

1発あたり7.2円の計算です。

これは高すぎるとして、センスエピの購入をためらわせる
最大の原因となっていました。

さらにその照射範囲は6.0平方センチと、
ほかの脱毛器とくらべても最大級の大きさでした。
広範囲を脱毛するには便利でしたが、指やうなじなど
狭い範囲に照射するには逆に使いにくいという指摘もありました。

これらの問題点を改善したのが
センスエピGです。

センスエピGはなんと5万発の照射が可能。
カートリッジの交換は不要です。

つまり、初期費用の19800円だけで
全身の脱毛ができるというわけです。

さらに照射面も照射面積0.9×3センチ(2.7平方センチ)と
コンパクトに。
その分、広範囲の部分を脱毛するのには
何度も照射が必要ですが、センスエピGは
1秒単位で照射できるので、ワキなら1分、
両脚に照射しても10分しかかかりません。

 

f:id:SensEpil:20150504094201j:plain


この照射と照射の間隔は意外と見過ごされがちですが
フラッシュ脱毛器は待ち時間が長いものもあり
その分処理時間が長くなってしまいます。

センスエピGは1秒間隔なのでかなり早い。
サクサクとテンポよく脱毛できます。

センスエピはもともと家庭用脱毛器の中では
お手頃価格な機種でしたが、それでも39800円前後でした。

それがセンスエピGは19800円。
一気に半分近くまで価格が抑えられました。

しかもカートリッジの交換不要。

やはり脱毛器も新しいものはどんどんよくなっていくんですね。

従来のセンスエピの問題点を軽々クリアした
センスエピG、家庭用脱毛器としてはかなりおススメです。

 

エステティックサロンと比べてみたら

センスエピGのフラッシュ脱毛は
エステティックサロンでも採用されている方法です。

ならば、エステティックサロンのほうが
プロの手で施術してもらえるから
効果も確かなのでは?と思うかもしれません。

f:id:SensEpil:20150503231235j:plain

 

しかし、家庭用脱毛器とエステティックサロンを比べると
明らかに家庭用脱毛器をすすめる人が多いのです。

その理由はなんといっても料金。

エステティックサロンの中には「脱毛お試し」として
数百円のキャンペーンを行っているところもありますが
脱毛は1回では済まないので、そのあと何度もサロンに通うことになり
結局は数万円から数十万円を支払うことになることが
ほとんどです。

月額いくらと固定費を設定しているエステティックサロンもありますが
その場合、予約がとれない、とりにくいという問題がでてきます。

自分の都合のよい日、時間帯に予約がとれることばかりではないので
お金を払っているのに通えない=脱毛できない、ということに
なりがち。

そのうえ、エステティックサロンによっては
数ヶ月間隔をあけないと次の予約がとれないことも。

これは「毛周期」といって、毛が生えてくるサイクルに合わせて
光を照射しないと脱毛効果がない、という理由からのようですが
すべての毛が同じ毛周期ではえているわけではないので
新たに毛が生えてきたらその都度照射する、という方法のほうが
早く広範囲を脱毛できるというのが、脱毛経験者の声です。

f:id:SensEpil:20150503231256j:plain

 

つまり、エステティックサロンで数十万払い、
数ヶ月あるいは数十ヶ月かけて脱毛するよりは、
19800円のセンスエピGで、好きな時間に脱毛し、
新たに生えた毛もその都度次々に脱毛していくのが
安くて早い、賢い脱毛法といえるわけです。

 

センスエピGの脱毛法とは

センスエピGは光で毛根にダメージを与えるフラッシュ脱毛、
いわゆる光脱毛の仕組みで脱毛します。

 

f:id:SensEpil:20150503232919j:plain


光脱毛とは、エステティックサロンでも採用されている方式で
毛根にある、光を吸収しやすいメラニン色素に光を照射、
そのまわりにある毛の成分のもととなる毛母細胞と毛乳頭に
熱ダメージを与えて死滅させます。

毛根にある毛の成分のもとが死滅したことで、
その先の毛は老廃物となり自然に抜けてしまいます。

これが光脱毛の原理です。

センスエピGはさらに独自のHPL(ホーム・パルス・ ライト)
という方式を採用しています。

これは熱に加えて音響で毛根にダブルのダメージを与えるというもので
これにより、肌へのダメージを最小限に抑えることができたとしています。

そしてもうひとつのセンスエピGの独自技術が
「肌色センサー」。

 

f:id:SensEpil:20150503231316j:plain


これは肌の濃淡を自動でチェックし、色の濃いやけどの危険がある部分には
照射できないようになっています。

これらの技術と原理により、センスエピGは
安全に効果的な脱毛が家庭で手軽にできるのです。